疲労回復でスッキリ生活【サプリメントの活躍】

女の人

夏バテをしないために

下を向く女性

にんにくだけではない

夏になると高い気温だけでなく湿度の高さでも身体はストレス状態になります。暑さで食欲が落ちたり、寝ることができなくなります。そうなるとどんどん体力が落ちて、夏バテをおこしてしまいます。熱中症にもなるので気を付けなければなりません。このように、夏場は栄養不足と休養不足のダブルパンチを受けるのでなるべく早めに疲労回復をおこないましょう。夏バテに欠かせないものとして有名なものににんにくがあります。焼き肉を食べてにんにくも食べる、これが多くの人が疲労回復のためにやっていることです。しかし、元気な時はそれでもいいのですが、胃腸が弱っているときは効果が薄いかもしれません。また、お茶づけや麺類など食べやすいものや冷たいものばかりでもダメです。

いろいろな解消法

夏バテになった時の疲労回復にはいくつかの方法があります。胃腸が弱っているときには香辛料の入ったものを積極的にとりましょう。また、高麗人参のサプリメントやお茶も効果的です。食べやすい麺類ばかりを食べる人はビタミン不足になりがちです。特にビタミンB1を摂る必要があります。そのため、だるさや疲れがとれない人はビタミンCをこまめに摂りましょう。体力が持たない人はイミダペプチゾールがおすすめです。また、毎年夏バテすることが当たり前になっている人は漢方薬がおすすめです。補中益気湯など優れた漢方薬があります。これらは夏バテになってから飲むこともできますし、夏バテをしないように前もって飲むこともできます。睡眠サプリなども利用して十分な睡眠で疲労回復をすることも大事です。

健康食品で補うべきもの

粉末のコラーゲン

コラーゲンは体内のあらゆるところで活躍している成分であるため、美容と健康の為によいとされます。ただし、食事で1日に必要な量を摂取するのは難しいため、サプリ等による摂取をおすすめします。体内での吸収も考えると、コラーゲンペプチドが含まれるものを選択するのが良いと思います。

もっと見る

野菜不足を改善する飲料

青汁を飲む男性

青汁を作るために使用される原料にはケール・大麦若葉・明日葉がありますが、それぞれ特徴的な栄養素とその効果が異なります。飲みやすさとしては明日葉が1位ですが、目に良いルテインを含むケールや抗酸化力が強いSOD酵素を含む大麦若葉も魅力的だと思います。目的・年齢・状態などに応じて青汁を選ぶと良いです。

もっと見る